2010/04/30

【Ubuntu 10.04】やっと正式リリース【LTS】

いぁ~待ってましたよ…。
長かったなぁ~、「次は10.04よ」ってアナウンスあってからずぅ~~~~っと待ってましたからね。

先進的機能や技術、Debianに比べると割と最新のソフトウェアが、しかもものすごい数量で提供されているUbuntu。 そのLTS版(長期サポート版)がリリースともなれば、よゐこのUbuntuユーザー達はじっとしていられないのですよ。

に、してもやはりリリース当日はヤキモキさせられっぱなし。 「29日中に出すから」とか言われても、時差を考慮に入れてもいっこうに正式リリース版のISOがあがってこない。
いや、まぁ、9.10からアップグレードしたβ版の環境あるから、「別にいい」っちゃぁ~いいんですが。

ただ、今の環境だと色々と不具合とかあるんで、ぜひともLTS版新規インストールで検証してみたいことが多々あるのですよ。
まぁおそらくは状況は変わらない…と見ているんですけどね。 しかしバッテリーで起動するとハングするとかは致命的なので、まずは新規インストールで様子を見て、それから色々試そうかと思うんです。

そんな感じの気になることが色々なので、正式リリースを楽しみにしてたわけなんです。何か変わってるかも知れないし。

それにしても、こんなに『おいしいところ満載』なLinuxをメンテしてくれている「Canonical」と、コミュニティの皆さんには頭が下がる思いです。【いつも、いつも、ありがとう!】

願わくば、いつまでもこの素敵ディストリビューションが提供され続けることを祈ります。

0 件のコメント: