2011/05/31

NattyとX100eのその後


UIよりも基本的なところで使い勝手の悪かったNattyですが、うちで発生した不具
合の再検証を兼ねて、思い切ってXubuntuで再インストールしました。
というのも、どうもNattyでは旧Gnome環境でもモッサリ感が気になり、Lucid環
境ではなんとか再生できていた720p動画までもがカックカクに。

もちろんfglrxドライバは適応してありましたが、いくらLinux環境下でのAMDの再
生支援がイマイチとは言え、これではあまりにも酷すぎる有り様。
そこで、xfce4デスクトップのXubuntu 11.04の出番です。

ただし、リリースされたisoだと余計なものも入りそうなので、NattyのminimalCD
からインストールを行い、インストールされるパッケージを把握しながら、あとで
削るという作業を行いました。

まぁ、結果としてリリース版isoとほとんど変わりなさそうではありましたが、試さ
ないで悶々するよりは良かったと思います(と自分に言い聞かせる)。

実はLubuntuも試してみたのですが、キーボードショートカットの設定がファイル
記述で面倒だったり、何をするにも結局後からパッケージを色々と入れなければな
らず、それならいっそのこと、Gnome環境でもあるxfce4でいいジャマイカ?
ということでXubuntuに落ち着きました。

結果としては上々で、Linuxでは非力なAMDグラフィックスも720pの動画ならヌル
ヌルと再生できるようになりました。

以前(lucid)は普通に再生できていただけに、特になんの喜びもありませんがw
ただ、10.10Merverickの頃からと思いますが、X100eのヘッドフォンジャックに
イヤホンを挿したら、ちゃんと内蔵スピーカーがミュートされました。

Windowsなら当たり前にできることが、Linuxではしばしばトラブルの元になった
りするのですが、X100eなんかは特にマイクとイヤフォンジャックが同じなので余
計にややこしいw

ですが、以前インストールした時のトラブルは相変わらずですね。電源OFFや再起
動を実行してもログイン画面に戻されるとか、スクリーンセーバー起動中に頻繁に
ハングするとか、スリープ復帰後のBluetoothマウスの認識がおかしいだとか、も
うボロボロ。

これらの不具合は職場で使用しているT400でも同じなので、カーネルの問題だった
り、設定の問題だったりするとは思うのです。
確証はありませんが、PPAでカーネルを上げれば症状が治ったりしました。しかし
カーネルをむやみに上げるとfglrxがうまく適用できなかったりするので、深くは追
求しませんw

正直ちょっと面倒臭くなっちゃいまして、むしろHTPCへと組み直した945GCT-D
なAtom機の方に注意力したいので、X100eは騙し騙し現状のまま使っていこうと
思います。

0 件のコメント: